下の写真は ぶどうの会でお世話になってる鈴木さんと友人の青木さん
6月、青木さんが所属する劇団ナシャ~NASZH~の旗揚げ公演がありました!
「肝っ玉おっ母とその子どもたち」の舞台を観劇してきました~^^

nasza1706

いつも劇中のストーリー・人物像に感情移入しやすい私。
おもしろくても悲しくてもすぐにぽろぽろ泣けて。。
ですが、今回はとても冷静に客観的に見ることができました。

おかしいなあと思っていましたら
今は亡き原作者ベルドルト・ブレヒトの企みは
「演劇を用いて社会の闇と対峙する」

演出家の望月氏はその思惑通り
「異化効果」という手法を用いて表現。

30年戦争を背景に繰り広げられる舞台上
おっ母が一生懸命引く幌馬車に積まれているものは
果たして、モノではなく
かけがえのない重く尊い「命」なのではないか。

170724okkaa.jpg

ほかの劇団員さんはもちろん、
普段の明るく楽しい青木さんとは思えない表情・歌声、声の張りに圧倒されました
2017.07.25 Tue l 撮影日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top